ニュース&トピックス

愛媛県愛ビーチ活動実施区域「ふれあいの海辺」立て看板を県から授与

2017年7月松山市ハートインタッチヒーリングセンター開館からほどなく、愛媛県愛ビーチ活動に団体登録し、「人の手から放たれたものを人の手によって戻していこう」と、センター前の浜辺でビーチクリーン活動を行って参りました。

当初、大潮のたびにゴミが打ち上げられ、砂浜を埋め尽くしていたこともあり、地域の方々も愛犬の散歩のゴミを捨てていく光景が日常のものでした。県の手も入りにくく、フン禁止の立て看板を要請したこともありましたが、実際に看板が立つまでに数カ月掛かったことも。

海辺の環境やマナーは、例え声を大にして謳ったとしてもすぐに変わるものではありません。それでも、コツコツビーチクリーン活動を積み重ねて来た2年間の活動の結果、現在は海辺のマナーも回復。散歩中、ビニール袋を片手に、ゴミ拾いをしていく近隣の方々の姿も見掛けるようになりました。

このたび「ふれあいの浜辺(愛媛県愛ビーチ制度実施区域 一般社団法人HITキャラクトロジー心理学協会)」と記された、どっしりとした木の立て看板が愛媛県から授与され、浜辺に堂々と立っています。

社名にもある、ハートに触れていくと言う意味を持つ「Heart in Touch」の言葉を胸に、今後も、麻痺ではなく人として痛みを感じる心を持ちながら、地域や社会がより良く変化してゆく活動を、できるところから広げていきたいと存じます。

PAGE TOP