医療連携

ヒーリングと医学が良好な相互補完関係にある欧米諸国と違い、ヒーリングはあくまでも民間療法と考える傾向の強い日本において、2012年、医療機関からのオファーを受け初めて実際の医療機関でヒーリングを提供。その後、統合医療的癌治療の権威である希望クリニック(愛知県名古屋市)や千葉セントラル神経科クリニック(千葉県千葉市)にて癌患者さんならびに精神科領域の患者さんに対し継続的にセッションを行っている。

また、自身の教えるHITヒーリングスクールを卒業後、特にメディカルヒーラーとしてのトレーニングを積んだヒーラーのカウンセリング実地研修を千葉セントラル神経科クリニックにおいて実現。医療とヒーリングのコラボレーションによる継続的なセッションによって、これまでの治療で効果が見られなかった患者に顕著な変化が現れる臨床例が増えており、今後、このように双方向からの新しいアプローチを取り入れる医療機関がさらに増えていくことが期待されている。

これらの実績により、名古屋市内の医師グループの勉強会に講師として招かれ、講義も行っている。

PAGE TOP